住宅ローンは健康なうちに

最近住宅ローンの借り換えを申し込みしました。仮審査OKで本審査でアウトでした。仮審査終了時点で申し込みが増加しているので、本審査に時間がかかるといっていたにもかかわらず、なんとその翌日には非承認の通知がきました。今回の非承認の理由で考えられるのは2点です。1点目は現在の借入状況です。確かに借入件数もありますので、非証人でも仕方のないところ。そしてもう一点は健康状態です。もちろん日常生活には何ら問題はありませんが、職場では特定保健指導をうけています。結論はやせろということです。40代前半ということもあり、気をつけなければならない健康管理ですが、これがなかなかできないのです。保険会社の告知書を正直に記入しました。あまり正直に記載するのもどうかと思いましたが、虚偽の告知は当然いけないことですので、不安ながらも正直に記載したのが原因ではないかとおもっています。ですので、住宅ローンは健康なうちに考える必要があります。今日中に借りたいあなたに!《最短最速借り入れ法》

住宅購入にあたり

先月から我が家では、急に家を建てようという話になった。きっかけは、主人が会社の上司から若い内に建てた方がいいと強く勧められたから。 今は駆け込みが終わった直後で、金利や補助などの動向が気になるところ。動くなら早めにしたほうがいいとは私も思っていた。 先週末、遂にモデルルームの見学に行ってみた。予感していたけど、早速営業さんの自宅訪問があった。 人柄や姿勢にとても好感を覚える方で、住宅も素晴らしいと思う。 だが、とにかく高い!まったく手が出ない。見積もりを出されたけど、私たちの予定の返済額より2000万円高いものを出された。 親の援助などを聞かれたが、そんな気は毛頭ないのでそこに関しては嫌だった。 また、いくら良い家でも、身分相当なものでないと落ち着かないと思うのは、染み付いた貧乏性のせいか。 通帳を集めて色々計算してみたけど、やはりないものはない。宝くじが当たらない限り、こちらの会社ではお願い出来ないと思う。